講師プロフィール

高橋 正好 (たかはし まさよし)
  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所
  • 環境管理技術研究部門融究主幹
略歴
1985年 九州大学大学院資源工学科 修士課程修了
同年   通産省工業技術院公害資源研究所入所

学生時代は花崗岩(御影石)を求めて野山を放浪していました。
金や銀を始めとした鉱床の形成メカニズムを調べるためです。研究所に入ってからは鉱山保安の研究。避難用の呼吸器の安全性を確保するため、熱い空気を吸ったり、呼吸に抵抗や二酸化炭素を加えたりして、被験者試験を実施していました。そんな中、ダイバーが恐れる潜水病の研究とつながり、そして「泡」と出会いました。潜水病というのは体の中で泡が発生する症状です。時として悪さをする泡ですが、この泡を人の役に立てるように取り組んでいます。身近な存在なのに、誠に不思議な世界が広がっています。