講師プロフィール

宍倉 正展 (ししくら まさのぶ)
  • 独立行政法人 産業技術総合研究所 活断層・地震研究センター
  • 海溝型地震履歴研究チーム長
略歴
1969年9月 千葉県夷隅郡大多喜町にて生まれる
1988年3月 千葉県立長生高等学校卒業
1994年3月 千葉大学理学部地学科卒業
2000年3月 千葉大学大学院自然科学研究科修了 博士(理学)取得
2000年7月 通商産業省工業技術院地質調査所入所。所属は地震地質部活断層研究室
2001年4月 独法化により、産業技術総合研究所活断層研究センターに所属変更
2009年4月 産業技術総合研究所活断層・地震研究センターに所属名変更。
      海溝型地震履歴研究チーム長就任
2009年6月 文部科学省研究開発局地震・防災研究課(地震調査研究推進本部事務局)に出向
2010年6月 産業技術総合研究所活断層・地震研究センターに復帰
現在は、千島海溝、日本海溝、相模トラフ、南海トラフといった日本列島周辺の海溝に面する沿岸や、 チリ、スマトラといった巨大地震の発生した沿岸域で海岸地形や津波の調査を行っている。
また、内陸や沿岸域の活断層について調査を行ったりすることもある。
こんな話題を宅配します
・ 平安の人々が見た巨大津波を再現
・ 日本の巨大津波跡を探る
・ 津波と堆積物
・ 次の巨大地震は何処か
・ 巨大地震を掘り起こす
・ 貞観地震と東日本大震災