2010年活動実績2010年活動実績

12月16日 テーマ
いい顔になろう [コンピューターで探る顔の秘密]
 
内容
顔を情報科学した耳慣れない言葉の「顔学」。
「顔」についての体系的な研究はほとんどされていませんでした。
顔学は理論的な方法論では語られない慣性という側面を持ち合わせています。
顔は、その人のイメージそのものであり、人間にとってもっとも大切なパーツです。
コミュニケーションをする上で相手に与える印象のもっとも中心的な要素になっているのが顔です。
コンピューターで探った顔の秘密を通じて、いい顔になる大切さとその秘訣の話でした。
  講師 原島 博 宅配先 三鷹ネットワーク大学
11月18日 テーマ
人間とはいかなる動物か [ヒトは万物の霊長といえるか]
 
内容
他の動物とは違って二本足で立つことが出来、しかも大脳前頭葉を異常に発達させたので、自分たちの弱点を補うために道具を作ることに着想、そのおかげで文化文明を築き、地球上に君臨してきた人間。
しかし、そのあまりに過激な進歩ゆえに、いまではほかの生物を、そして人自身を滅ぼすかもしれない事態をも招いています。このような人間の本質について、“遺伝、進化、生態”などの生物学的な視点から解説された講義でした。
  講師 太田 次郎 宅配先 三鷹ネットワーク大学
10月21日 テーマ
スズメバチの運動エネルギーは何か [脂肪燃焼促進のからくり]
 
内容
日本を含む東南アジアの熱帯から温帯にかけての森林に棲むスズメバチは森林崖虫の食物連鎖の頂点に立つ、どう猛で危険な有毒生物です。その運動能力は1日に7~80kmを飛び回り狩りをしながら、幼虫に食物を供給していると言われます。
このような激しい運動を支えるエネルギーはどのようにして作り出されているかの研究、そしてこの研究結果から開発され、現在トップアスリートたちが持久力向上のために活用しているVAAM(ヴァーム)の体脂肪燃焼の仕組みについての秘密の講義でした。
  講師 阿部 岳 宅配先 三鷹ネットワーク大学
9月18日 テーマ サイエンス&テクノロジーの展示
講師 当塾理事 宅配先 三鷹サイエンステクノロジー
9月9日 テーマ とても冷たい世界のできごと
講師 小森 和範 宅配先 三鷹ネットワーク大学
8月28日 テーマ とても冷たい世界のできごと ー超伝導の話ー
講師 小森 和範 宅配先 江戸川大学親子科学教室
8月19日 テーマ 生物多様性の重要さを海にみる
講師 廣﨑 芳次 宅配先 三鷹ネットワーク大学
8月17日 テーマ 水の不思議な性質
講師 石村 ゆずる 宅配先 江戸川大学親子科学教室
8月5日 テーマ 遺伝子(DNA)を取り出そう
講師 皆川 敏一 宅配先 江戸川大学親子科学教室
7月15日 テーマ EMR(電子健康記録)で健康を守ろう
講師 石村 ゆずる 宅配先 三鷹ネットワーク大学
6月17日 テーマ 科学から見たサイエンス・コミュニケーション
講師 高柳 雄一 宅配先 三鷹ネットワーク大学
6月3日 テーマ 万能細胞って何?
講師 中村 幸夫 宅配先 シルバー大学
5月13日 テーマ 水族館のガラスはなぜ割れないの?
講師 遠藤 勲 宅配先 三鷹ネットワーク大学
4月15日 テーマ サービスロボットはどこまで進歩したか
講師 浅間 一 宅配先 三鷹ネットワーク大学
3月18日 テーマ 進化する電波天文学
講師 石黒 正人 宅配先 三鷹ネットワーク大学
3月13日 テーマ 環境問題の最前線
講師 餌取 章男 宅配先 広尾学園
2月25日 テーマ 海洋廃棄物を再生医療に活かす
講師 丑田 公規 宅配先 三鷹ネットワーク大学
2月18日 テーマ 人類と感染症との戦い
講師 加藤 茂孝 宅配先 三鷹ネットワーク大学
1月21日 テーマ 棋士の直感 ープロ棋士の直感思考を解明するー
講師 田中 啓治 宅配先 三鷹ネットワーク大学
1月21日 テーマ 太陽電池の話
講師 餌取 章男 宅配先 シルバー大学